スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊はこんな感じになりそうです


長らく更新が止まってしまっていて申し訳ありませんでした;
昨日無事に入稿完了しましたー! これで何事もなければ新刊が並べられるはず!!今回は長編です。
なのは→(自分で作り出した壁)←フェイトみたいな雰囲気で、両片思いの設定です。

とらのあなさまにも委託をお願い致しましたので、もう少ししたら通販の方も開始して頂けるのではないかな、
と思われます。もしご機会ございましたら、どうか宜しくお願い致します(><)

とりあえず、詳しい話はまた後日に、ということで……。

今日は、とりあえず新刊はこんな感じです、ということで冒頭だけ上げさせて頂ければ、と。

べ、別に最近更新してないからなぁって焦ってるわけじゃないんだからっ!
……すみません嘘です申し訳ありません。早く何かSS上げろよって話ですよね水分増し増しのエロ書きたい。

これからおまけのコピ本作りに取り掛かりますので、更新はもうしばらく止まります;
いつも止まりっぱなしで本当にすみません orz


大丈夫。泣いてもいいんだよ、なのは。
その為に、私がいるんだ。


 ◇

暑い。思わず瞳を細めた。じっとりと汗が流れ、背中を濡らす感覚が気持ち悪い。
僅かに乱れ始めた息を整えようと渇いた喉で唾を飲み込めば、いつもより近くなった陽のせいか
それとも極度の緊張のせいなのか、じりりと痛んだ。間欠泉のように吹き上がっていた土煙が薄くなっていく。
段々とクリアになっていく大地は見る形もなく抉れ、ひどい惨状だった。その中で、紺色の塊が一つ見える。
その一つ一つは共に同じような表情を浮かべていた。
困惑。想像もしていなかった事態に、どうしたらいいのかわからないんだろう。ただこちらを見守っているようにも見える。
彼らにとっては予想の範疇を超えたこの行為は、よしとしない声の方が多いはずだ。
せっかくの機会なのに、ごめんね。心の中で謝罪を零し、再び正面へと向き合う。
蒼穹の下、風を受けてたなびく亜麻色の髪。

――そして。

瞬間、ぞわり、と言いようのない感覚が背を走る。
強い相手と向き合った時だけ起こる、闘争心とも恐怖心とも言えない感情。
無意識に力を込めたバルディッシュの柄に擦れ、手のひらの筋肉が小さく軋んだ。

 ――ああ。
 
向かい合ってこそ、強く思う。
こちらに向けられる、意志の強い真っ直ぐな瞳と、可憐な容姿には不釣り合いな膨大にして強大な魔力。
彼女こそまさに、エースオブエースと謳われるその人だ。
 白い防護服をはためかせるその姿は、一羽の鳥が楽しげに遊泳している様と似ている。
彼女を撃ち落とすべく向かい来る魔導弾でさえも、不思議と彼女にじゃれついているようにさえ思えた。
どんな時でも揺るがず、どこまでも自分を真っ直ぐに貫いて突き進んでいく。そんな背中に憧れていた。
私にとってそれは救いでもあり、目標でもあった。そして同時に思った。この子が飛ぶ空を共に飛びたいと。
 だからこそ、どうしても見ていられなかった。

「……っは、」

矢を継ぐようにマガジンへと手を伸ばす。いつもなら気にならない重みが腕の腱を軋ませる。
擦れあう金属音と共に装填すると、金色の光が身体をぼんやりと包んだ。
――これが最後だ。そう感覚で悟る。
対峙した空が、桜の花が咲いたように色を変えていく。
空気中に霧散していた魔力粒子が、彼女の元へと誘われる様に流れていくのを見て。遠い昔を思い出した。
(一体いつぶりだろう)
初めて出会ったあの頃。私は一人闇の中にいて、苦しくて悲しくて。
どうしたらいいのか、わからなくて。
どうしてだろうね? 
全然違うのに。目の前の姿が、そんな昔の私と重なったんだ。
ねぇ。なのは。
君は一体何を考えているの? 
やっぱり君は素直には心を見せてくれなくて、強いままだけど。
だけど今、私みたいに、怖くて苦しんでいるのかな。
怖いよって、泣いてるのかな。
ねぇ、なのは。――大丈夫だよ、なのは。

「全力全開!」
「雷光一閃!」

今度は、私が君を助けるよ。














→ 本文へ続く。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

WEB拍手
感想やリクエストなど頂けたら嬉しいですw  返信不要の方は頭に×をお願いします
プロフィール

汐薙

Author:汐薙
初めまして、汐薙と申します。
魔法少女リリカルなのはで活動中。

主な取り扱いカップリングは
フェイト×なのは
はやて×なのは です。

リンクフリーですので、貼るも剥がすもご自由にどうぞw
一報を頂けると管理人が喜びますw

【ご注意下さい】
当サイトにて掲載されているイラスト
または、テキストの無断転載・使用は禁止とさせて頂いております

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
メールフォーム
何かありましたらどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

捕捉サイト様
イラストサイト様
SSサイト様
お世話になります
最近のコメント
FC2カウンター
その他
RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。