スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[拍手コメント返信]ありがとうございます!

暑いのは苦手ですが、寒いのも苦手です。
適温適所。そんな言葉が大好きなダメ人間汐薙です。こんばんは。

……そろそろ毛布を出さないとだめでしょうか。それとも愛するこたつ様の出番でしょうか。
いやでも、ここで出してしまってはこれから先もっと堪えられなくなる!

そんな謎の葛藤を、日々繰り広げております。





と。それは置いといて。

WEB拍手内SSですが、ただ今絶賛執筆中につき、更新はもう暫らくお待ちくださいませ。
いつもと違うテンションで書き始めたので、脳内がえらいこっちゃになってます。

※携帯閲覧様向けに、少しばかり弄ってみました。
これで携帯からでもWEB拍手が読める…………はず


まだ調整段階ですので、見難かったらすみません;




以下、拍手コメント返信です!
ありがとうございますー!wwww


ぽちっと押して下さった方々も、本当にありがとうございます!


>気長に待ってまーす。どんとこい!ってちがうか^^; の方。

頼もしいお言葉本当にありがとうございます!
がつがついっちゃいます!!(><)ノ



>epinuさん

こんばんはー!こちらこそコメント本当にありがとうございます!
今回はちょっと違う毛色でやらせて頂いておりますwwだからちょっとドキドキだったり。
フェイトさんはどんな時だってなのはさん大好きなので仕方ないですねww←
パラレルはいいですよね!パラレル大好きです!www 

しかしそんな……なんて素敵な妄想を!wwww



――ずっと、嫌だった。
機械のように同じ音を奏でることしか出来ない自分も、ただそれを褒めるだけの他人も。

私の声は、ヴァイオリンだ。


なんてつまらない世界なんだろう。
そんなことばかりを、考えていた。

でも。
いつからだろう。そう思わなくなったのは。

「フェイトちゃん?」
「うん。なあに?」


きっと、そう。

まっすぐに私を視てくれる君に出会った、あの日から。
綺麗な音だね、って。素直な言葉をかけてくれた君に、私は恋をした。

一緒にいて、笑って。それだけでよかった。
それだけでとても幸せだった。

「フェイトちゃん」
「うん?」

不安げに伸ばされた手のひらに、自分の手を合わせる。
細く華奢な腕はその色に反してとても温かく、そして柔らかくて。

驚かせないように。そっと。
ガラス細工を愛でるように触れれば、少しだけ驚いたように肩が跳ねて。
ごめんねって告げると、心配そうに見上げられた。

「なのは。大丈夫。私は、ここだよ」

名前を呼ぶと、緊張の走っていた頬が僅かに緩む。
そのまま、耳に触れた。それに答えるように紅潮したそこは愛おしく、後ろ髪引かれる思いで指を離す。
急に離れた指が寂しかったのだろう。僅かに持ち上げられた顎は犬の鼻先のようで、笑みが零れた。

緩やかな弧を描いた眉毛をなぞって、瞼に触れる。
すると、恐る恐る伸ばされた手が、同じように私の顔に触れた。

柔らかな指で、一つ一つ、確かめるように。
耳をなぞられると、くすぐったさとは違うそれに肩を少し竦める。
それでも心地よくて。身を任せていると、なのはの頬に楽しそうな笑みが浮かんだ。

「なのは、わざとやってるでしょ?」

たしなめる様に返す。うん。って。跳ねた言葉。
手のひらを重ねると、安心したように頬が寄せられた。
ぴったりとくっつけあう。

「フェイトちゃんだ」
「うん、私だよ。なのは」

それだけじゃ足りなくて、両腕を回して抱きしめると、くすぐったそうになのはが笑う。
僅かにたまった涙が、指で救われて。

そしたら、ああ、やっぱりって。
納得したように、なのはは、また笑った。

「フェイトちゃん、そんな顔、しないで?」
「……だって。嬉しいんだ」

1色しか知らない世界の中で、君はいつも私を視てくれた。
私を、見つけてくれた。


そんな君が好きで。大好きで。

「フェイトちゃん、また、弾いて?」


私が奏でる音にうっとりと耳を傾けた姿とか。
名前を呼んでくれる優しい声とか。
包み込んでくれるような温かい心とか。

「ありがとう、フェイトちゃん」

そう言って笑う、君の全てが、とにかく大好きで。
ずっと一緒にいられると思ってた。私が君を守るんだって誓った。

信じて疑わなかった。
だから。


「なのは。……なの、は」


――だから、ね。

こんな苦しい別れがあるだなんて、想像したこともなかったんだよ。


どうしてって問えば。きっと、困ったように笑うんでしょう?
そんなの、簡単に想像できたから。


「さようなら」


だから。


君の姿だけが見えなくなった席の前に立ち、今日も私はヴァイオリンの音を奏でる。
君が好きだと言ってくれたこの音色が、私の名前が、私の声が。

いつかどこかで、また、君の元に届きますようにと。


ただそれだけを、願い続けながら。




***


設定をお借りし、一部切り取らせて頂きましたが……なんか思わぬアレなことに。
すみません、お眼汚しを致しましたorz

ありがとうございますー!更新まったりと頑張りますww




コメント本当にありがとうございました!
その他ぽちっと押して下さった方々も本当にありがとうございました!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

WEB拍手
感想やリクエストなど頂けたら嬉しいですw  返信不要の方は頭に×をお願いします
プロフィール

汐薙

Author:汐薙
初めまして、汐薙と申します。
魔法少女リリカルなのはで活動中。

主な取り扱いカップリングは
フェイト×なのは
はやて×なのは です。

リンクフリーですので、貼るも剥がすもご自由にどうぞw
一報を頂けると管理人が喜びますw

【ご注意下さい】
当サイトにて掲載されているイラスト
または、テキストの無断転載・使用は禁止とさせて頂いております

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
メールフォーム
何かありましたらどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

捕捉サイト様
イラストサイト様
SSサイト様
お世話になります
最近のコメント
FC2カウンター
その他
RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。